鬼ヶ島破れ壷



百猿黒.jpg

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


SATORU OHMAE 0FFICIAL HOMEPAGE Last Updated 2017-10-06
satoru oomae/hyakuzaruseitousyo

前のページへ

次のページへ

大前悟/鬼ヶ島破れ壷
大前悟/鬼ヶ島破れ壷




before(上) 鬼ヶ島井戸茶碗
16.0 × h9.6
after(下) 井戸茶碗
15.4 × h9.0 

窯焚きの為更新が遅くなり申し訳ございません。
昨年末、東京の根津美術館で開催された井戸茶碗展について
お客様から感想をよく聞かれるのですが、
言葉にするのは難しいので、
井戸茶碗展を見る前と見た後両方の茶碗をUPさせて頂きます。
この写真で分かって頂けるでしょうか。

昨年末は11月下旬に高遠美術館での展覧会を終え、この2月の明日香画廊での個展を控え忙しく、根津美術館には神戸から空路で日帰りとしました。
友人のN君と行ったのですが、彼との道中は毎度ドタバタ冷や汗ものです。
唐津にカーフェリーで出掛けた時は福岡で帰りの道を間違え、後1分のところで乗り遅れそうになりになりました。
今回も例に漏れず、帰りの地下鉄で行き先の違う電車に乗り、そのことに気付かず二人で居眠りし、起きた時には全然違う駅…、最後はいつもながらの猛ダッシュ。
後30秒遅ければ飛行機に入れてもらえなかった…、
また記録を更新してしまった…トホホ、
余談が長くなりすみません。
ちなみに後ろに写っている茶入れは最近買っちゃった李朝初期の小壷です。
どこかのギャラリーで井戸茶碗before after展をしたいと思っております。