鬼ヶ島粉引茶碗



百猿黒.jpg

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


SATORU OHMAE 0FFICIAL HOMEPAGE Last Updated 2017-10-06
satoru oomae/hyakuzaruseitousyo

前のページへ

次のページへ

大前悟/鬼ヶ島粉引茶碗



鬼ヶ島粉引茶碗
W14.0×H8.3

最新作となります。
会心の一撃、そんな感じです。
新しく作った小さな薪窯で焼きました。
大きな穴窯では温度を上げるのに必死になってしまうので、
自分の立てた窯焚きプランが出来、
コントロールしやすい窯が欲しいと思い立ち作りました。
狙い通りに焼けたと思います。
そして最大の目的でもあった赤楽を薪で焼くことにも挑みました。
赤の色が濃くなったようです。
聚楽土の新たな可能性に期待を持ちました。
5月15日からのギャラリーラボやその次の31日からの炎色野での個展で
発表する予定なので、是非ぜひ薪窯赤楽を見に来て下さい。
今回は初窯ということで、張り切って赤ぐい呑も聚楽土で作りました。
今年はこの窯で化学的なことも研究し、実験を重ねていこうと思います。