斑唐津茶碗



百猿黒.jpg

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


SATORU OHMAE 0FFICIAL HOMEPAGE Last Updated 2017-10-06
satoru oomae/hyakuzaruseitousyo

過去の作品

前のページへ

次のページへ

大前悟/斑唐津茶碗

斑唐津茶碗
w12.7×h7.5 

穴窯の焼成温度は井戸を中心に考えているので、
斑唐津の場合、一度の焼成ではなかなか難しく、
この茶碗も三度焼き、信楽最後の窯で取れました。
焼成のトータル時間が長く、
火前で焼かれたため灰が飛び散り、
見込みに黄変が出ています。
土は唐津の土師の方と池の端に行き一緒に掘りました。
砂岩のような珪石質のものがたくさん含まれてザックリしています。
11月末から12月初旬ころの窯焚きで、
斑唐津も焼く予定をしていますが、
今回の茶碗のような土は使わず、
キメの細かい土を使っています。
次回は雰囲気の違う斑唐津になりそうで、
それもまた楽しみです。